2018年10月11日木曜日

金本監督の辞任について..現場監督ひとりで責任をとることはないですよ。

2018年10月11日 木曜日 こぼれ花です。

やはり金本監督の辞任が発表されました。
(正式会見はまだ.2018.11.11 13時現在)

今年チームは最下位になったが, 球団は来年も金本監督といっているようでした。しかし, いまの戦力で来年も最下位にならない保証はないし, 2年続けての最下位で退任だとこれほど惨めなことはなく, この段階での辞任は極めて適切な判断だと思われます。

最下位の原因は, 北条の怪我, ロサリオの期待はずれ, 高山.江越の伸び悩み(というかもともとこの程度の選手だったのかもしれません)と打線の中心になる選手がいなかった, で頼りきったのが福留糸井の全試合出場は期待できない, 他球団からの移籍組でした。

投手はよくやりくりして, カープよりは上位のチーム投手成績でした。秋山の期待外れもありましたが, 能見の中継ぎ起用, 才木.望月の台頭など新戦力投手はみるべきものがあったと思います。

ユニフォーム組の責任もあるでしょうが, 背広組(古い言い方ですが, グランドにはでてこない球団幹部)の責任の方が, シーズン成績では 3:7 で大きいと思います。チームの勝ち負けは毎日の問題で監督評価は毎日できますが, シーズン成績は球団責任ですから,組織的にも背広組の誰がどのような責任をとるのかの方が大事です。


金本氏は阪神色が強くなり, 元カープということを知らない若い方も多いとおもいます。カープで指導者というのは次の人生の選択肢としては難しいとおもいますが, しばらくお休みの上, また球界に戻ってきてもらいたいと思います。




下記クリックいただければ励みになります

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

黄金時代. クリックお願いします